人材採用をする時の応募者の見極めのポイント

人材は企業においての宝ともいえる物で、働く人間によって会社の経営を左右すると言っても過言ではありません。そのため、人材採用は会社の戦力としてだけでなく、共に働くパートナーを見つけるという点でも重要な意味を持つのです。そこで今回は、人材採用における応募者の見極めの方法についてご紹介します。

応募者の本当の人間性を引き出すためにリラックスさせる

人材採用はその人がどういった人間かを見定めることも必要になります。会社に面接を受けに来る人の中には、採用されたいという気持ちが強すぎて自分を良く見せようとしてしまう人も少なくありません。大切なのは採用されることではなく採用後に会社にどのような影響をもたらしてくれるかです。そのため、応募者の本当の人間性を引き出すためにも、空気を和ませてリラックスさせてあげることが重要になります。応募者の本音を聞きだすことも面接をする人間に求められる役割です。
また、人材採用は自分だけでなく応募者もこちらを見極めていることを忘れてはいけません。採用後に共に働くパートナーという立場は面接する側も応募する側も同じです。相手を見極めつつも一緒に働きたいと思ってもらえるような印象をもたれるようにすることも人材採用には必要と言えます。

優秀な人材を採り逃さないために積極的なアプローチをする

人材採用をする上で、受身の姿勢でいることはマイナスに働くこともあるので気を付けなくてはいけません。採用を行う人間の中には、会社側に人を選ぶ権利があると考えているケースも少なくありませんが、それは間違った認識と言えます。なぜなら、応募をする人間にも会社を選ぶ権利はあるからです。応募者側からしてみれば、職場の環境や待遇といった面で自分が働きやすい会社かどうかはとても重要なポイントになります。優秀な人間であればより会社を選ぶ選択肢も増えるため、他社との競い合いになるのです。必要な人材を採り逃さないためにも、採用する側も積極的に自身の会社の魅力を応募者に伝えてこの会社で働きたいと思わせることが必要になります。

応募者の良い部分を見つけてそこを仕事に活かせるかを見極める

人事担当の人間は数多く面接をしている中で、無意識のうちに相手の欠点ばかりに目が行って、不採用にする理由ばかりを探そうとする傾向があります。どんな人間でも必ず良い部分と悪い部分を持っている物で、会社にとって大切なのはその人が持っている魅力をいかにして仕事の中で活かせるかについて考えることです。さまざまな魅力を持った人材を豊富に揃えている企業は臨機応変な対応ができるだけでなく、新しいことを生み出すことにも長けています。
人材採用において重要となるポイントは、自分の知りたいことだけを聞き出そうとするのではなく、こちらの質問に対しての答えの中で要点以外の話にもしっかりと耳を傾けて会話の中からその人の魅力を見つけ出すことです。