人材採用においてアンマッチを起こさないために

企業が人材採用する際には、欲しい人物像ははっきりと描いているのです。その希望する人物像を求人票には記載して、応募者に理解してもらうようにしています。応募する人はそれを読み取り応募することでアンマッチの可能性が低くなります。

応募者は求人票から情報を読み取ることが大切

企業で退職者が出た場合に今いる人員で業務をまわすことができないケースで求人を掲載して人材採用をおこなうことになります。退職者がおこなっていた仕事をそのまま採用者がおこなうことができることが企業としてはベストな状況になります。そのため求人票を掲載する際には、どのような仕事をおこなってもらうかを具体的に記載します。逆に具体的に仕事内容を掲載している求人票では、退職者がおこなっていた仕事をそのままできるような業務経験とスキルの高さを求めていることが多く、具体的な仕事内容に対し、自分はどのような経験がありどのようなことができ企業に貢献できるかを応募書類に記載することにより、企業の人事担当者に好印象やインパクトを与えることができます。

求人票から求めている人物像を想定する

逆に応募者側は求人を見て企業が人材採用しようと考えている人物像を想定し、自分がそれにマッチしているかを確認して応募することが大切です。企業は求めている人物像として性別や年齢を記載することができないために、それを想定できるような文言を求人票に記載しています。例えば、どのような人物が活躍しているかを記載している文言があります。30歳代の女性が活用している職場です、という記載があれば、そのような人物像に活躍してもらいたいという企業側の思いがあり、そのような人物を企業側が求めていることに気付く必要があります。そのような気付きにより、企業が希望している人物像とは的外れの求人に応募するといった応募のアンマッチを防ぐことができます。

自分のスキルを正しく伝える

企業が人材採用する上で避けたいのはアンマッチの採用です。そのため応募段階から希望する人物像とは違う人からの応募を避けるような努力もしています。応募者も自分がしたい職種の求人があったとしても、企業が求めている人物像を考えて応募する必要があります。人物像がマッチしていたとしても、職種内容が考えていたものと違うケースもあります。企業が人材採用でおこしうるアンマッチは人物像のアンマッチと職種スキルのアンマッチです。企業に入りたいがために自分の経験やスキルの高さを誇張して表現することで職種スキルのアンマッチは発生します。企業はその人のスキルまでは面接段階では当然把握しきれないので応募者は職種スキルも適切に伝えることが必要です。