常識!?絶対に知っておくべき3つの人材採用方法

人材採用する上で、一番困るのがその求人手段。「せっかく求人広告を出しているのに、良い人材が現れない…」なんて悩みを抱えていないですか?もしかすると、その方法が合っていないのかもしれません。代表的な3つの人材採用方法をチェックしましょう。

ハローワークで、ローコストな人材採用

人材採用のために求人を出すにあたり、一番気になるのがそのコスト。ハローワークのメリットは無料で求人を出せることなんです。まずは、企業もしくは事務所の住所を管轄しているハローワークに、申し込みをしましょう。「事業所登録シート」「求人申し込み表」に記載した求人情報が、「求人票」というものになって反映されます。希望すれば、「ハローワークインターネットサービス」というwebサービスも利用できます。
ハローワークは、人材採用に予算を割けない企業におすすめです。しかし、掲載できる情報量に限りがあるため、企業が求めている人物像とは異なった人材が応募してくる可能性もあります。コストがかからない分、仕方が無い部分とも言えるでしょう。

求人サイトで、ハイクオリティーな人材採用

求人サイトでは、ハイクオリティーな人材採用が期待出来ます。なぜなら、求職者本人が「自ら会員登録し、検索をかけているから」です。したがって意欲的な人材、さらにインターネットに強い若年層の人材が望めます。会員登録の際に、年齢、性別、希望職種、希望年収などの求職者本人の情報を登録できるので、企業側の求める人材を一斉検索する事も可能です。またweb求人は採用情報だけでなく、先輩からのメッセージや職場の雰囲気など、より詳しい情報を伝えることができます。求職者にとっても、自分にあった職場探しが出来るため、精度の高い採用方法だと言えるでしょう。しかし、採用に至らない場合でも掲載費がかかってしまうことがネックです。

人材派遣会社で、着実な人材採用

3つの方法の中で最も着実に、人材採用が出来る方法です。これは、人材派遣会社が雇用している派遣スタッフを、時給○○円というようにして借りるという方法です。派遣スタッフは人材派遣会社と契約を結んでいるので、こちら側から直接給与の支払い等をする事はありません。人材派遣会社と労働派遣契約を結び、派遣料を払うというシステムです。決められた期間のみ働く形が一般的ですが、紹介予定派遣といって、半年など一定期間働いた後に正社員としての雇用を目指す形もあります。この形でない限り、やはり自社の社員としての教育が出来ないという点がデメリットでしょう。すぐに即戦力が欲しい、急に欠員がでた、人材派遣会社はこのような企業に向いています。